Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 229

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 231

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 232

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 249

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/cache.php on line 36

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/theme.php on line 508
The Guv’nor 徹底研究 · Marshallエフェクター徹底研究【松美庵】

マーシャルエフェクター Guv'nor,Shred Master,Blues Breaker,Drive Master等Marshall Effectorの名作を徹底レビュー

Archive for the 'The Guv’nor 徹底研究' Category

Marshall The Guv’nor 徹底研究6

水曜日, 5月 14th, 2008

えー、今日はちょいとミーハー(死語なのか?)な話題をしましょう(^^ゞ。
ガバナー英国製のマニュアルが手に入ったのでご紹介。
ジム・マーシャルさんの写真やサインで表紙を飾られているマニュアル、中を見てみるとGuv’norの図が書いてある。フットペダルを見ると英国製初期型だ(^^)。やはりマニュアルを印刷する時点=発売当初からこのペダルだったことが証明された。
それと説明書きにある9番の「Send & Return Loop Jack」に関して。自作した人にとって回路図みると何も意味の無いループがあるのに気が付いていると思う。
これステレオジャックになっていて、専用のケーブルでセンドとリターンに分配し、きっちりループとして使うことができる。なぜここにループ?と思われるだろう。このループはガバナーのフットスイッチで同時にループをON/OFFすることができる。
ま、実際には必要ないですな。後継機種の3兄弟には付けなかったことから見るとマーシャル社も必要ないと感じたのでしょう。しかしリイシューの韓国製にはきちんと付けてしまう拘りがたまらない。
あと保証書見て初めて知ったのだが、ガバナーの品番って「FP-01」って言うらしい(知らなかったのは松美庵だけ?)。
WEBで検索するとちゃんと品番で表示し売っているお店がほとんどだった。ちなみにFP-02がドライヴマスター、FP-03がシュレッドマスター、FP-04がブルースブレーカーということらしい。さらに、韓国製もFP-01で変わらないみたい。
ということでまたしても何の意味もない徹底研究を書いてしまった。しかも後から気が付いたのだが....このマニュアル、韓国製にも全く同じ物が入っていた(-_-;)。スイッチ形状が違うぞ!と突っ込みを入れたくなるが...

Marshall The Guv’nor 徹底研究5

日曜日, 5月 11th, 2008

今回はガバナー3機種の違いを比べてみたい。
まず3機種とは下記の3点
1.英国製初期(グリーン基板)
2.英国製後期(ブルー基板)
3.韓国製
大きく分けて英国製と韓国製に分かれることはご存知だと思う。その違いについてはこちらのホームページがすごく詳しい。松美庵も参考にさせていただいた。すごいですよね、ネジの違いまで検証しています。
上記ページと重複するかもしれないけど、更なる違いを見ていきましょう。

外観
初期
後期
韓国

ボディの艶
無し
無し
あり

CEシール
無し
無し
あり

FootSWの種類
艶有
艶なしで同じ

更に...
韓国製は裏蓋のネジ位置が縦に2ミリほど狭い
裏蓋の塗装模様が英国製は細かい。
解説
ボディの艶は並べてみないとわからないかもしれない。でも並べると韓国製が妙に艶があるのが判る。
CEシールはボディ下側に貼ってあり、これは見分けるときに判りやすい。でも剥がされていたらそれまでだからねぇ...

フットスイッチの種類は意外だった。後期と前期を見分けるのに便利。これはそれぞれ2台ずつ計4台からのデータだ。上の写真は左から初期、後期、韓国の順番である。ワッシャーの違いも見れる。
それと裏蓋のネジ位置も意外だった。外形寸法は同じなのにネジ位置だけ違うことになる。なので塗装の模様等のことも含め、英国製筐体の型をそのまま使ったわけではないことを証明している。
フットスイッチのワッシャーについてだが、上記ホームページではワッシャーが付いている韓国製も存在するような書き方だ。とりあえず松美庵が手にした5台ほどの韓国製ではひとつだけ付いていた。
いろいろと調べたところ、同じ韓国製でもシリアル番号が「GK4桁」だとワッシャー付きが多いようで「GK5桁」になると明らかに付いていない。もしかして韓国製でも前期と後期があるのだろうか?
内部
1.韓国製は基板が違い、フットスイッチとLEDも基板化している。内部配線にコネクタを利用している。
2.ポットが違う=英は2つのナットで止めるタイプ、韓国製はナットはひとつで底上げしているようなポットを使用。

←左の写真が英国製、右が韓国製 
 
 
 
解説
1に関しては完全に量産化への手ヌキ。
2に関しても作業工程を少なくする為にポットをオーダーしたのだと考えられる。
と、違いを見てきたのだが、何の役にも立たない気がしてきた(^^ゞ。
ま、とりあえずオークション等でガバナーを買うときに参考にしていただければ良いと思う。
あと言える事は、韓国製をリイシューする段階で数多く売れるのを前提で設計を進めているのがわかる。結果的にその分「手ヌキ」ということになってしまったが、他メーカーのリイシューと比べたらうまく再現していると思う。
ひとつだけ言わせてもらえば、内部のコネクタだけは辞めて欲しかったな。

Marshall The Guv’nor 徹底研究4

木曜日, 3月 20th, 2008

一方英国製だが、やはり回路図との相違は無かった.....
では韓国製と英国製の音の違いはどこにあるのか...
まず抵抗のような小さいコンデンサの大きさが違う。韓国製の方が小さく半分ぐらいの大きさだ。
もうひとつ重要なのは、オペアンプが違う。韓国製はJRCの072を使っているが、英国製はモトローラあるいはポルトガル製のオペアンプを使っている。これはかなりポイントが高い。
ちなみに英国製のモトローラかポルトガルかの法則性は無いみたいだ。左写真がモトローラだが、これは英国製初期型シリアル6000番台、松美庵が手にした中では一番古い番号だ。
一方右写真のポルトガル製はシリアル14000番台のものである。松美庵が手にしたガバナーで唯一のポルトガル製だ。そしてブルー基板の英国製後期はモトローラ製だった。
従って製造時期でオペアンプが違うのではなく、おそらくその時の在庫状況で決まったのではないだろうか?メーカーにとってオペアンプの種類なんてその程度の認識しか持っていない筈である。
話は戻って...
韓国製は基板同士の配線にコネクターを使用している。 これは相当音質の劣化を生んでいるはずである。しかも接触不良を起こしやすい。
またバイパススイッチも基板経由になり、基板パターン→ケーブル→コネクターの順番で繋がっている。
英国製は上記全てケーブルだけの配線だし、スイッチもケーブルで基板から直接配線されている。
上記の点から考えて...例えば韓国製を英国製に近づけたいとすると

オペアンプをモトローラ製に交換..入手困難 せめてTI製か!?
基板同士の配線をコネクタ使わず直接ケーブルで繋ぐ
フットスイッチ部分の基板を廃止し、ケーブルで繋ぐ
小さいコンデンサを大きくしたいが、これは売って無さそうなので保留

オペアンプの入手次第だがいずれやってみたいと思う。