Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 229

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 231

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 232

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 249

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/cache.php on line 36

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/theme.php on line 508
マーシャル豆知識 · Marshallエフェクター徹底研究【松美庵】

マーシャルエフェクター Guv'nor,Shred Master,Blues Breaker,Drive Master等Marshall Effectorの名作を徹底レビュー

Archive for the 'マーシャル豆知識' Category

「The EFFECTOR BOOK Vol.1」発売 原稿書きました。

火曜日, 8月 26th, 2008

シンコーミュージックから新しいシリーズでのエフェクター本が発売になります。「The EFFECTOR BOOK(vol.1) Distorted Summer 2008 Issue」というムック本です。
なんと松美庵が初めて本の原稿を書きました(^^ゞ。
以下が本の内容です。この中の「Marshall Distortion Pedals」での枠内コラムを松美庵が担当しました。主にガバナーを中心として回路的な視点からどのようなペダルなのかを解説しています。
ブログやホームページでは解説していないネタを多く書きましたので、是非読んでみて下さい。明日8月27日発売です。
————————————————-
[特集1]
DISTORTION!
エフェクターの大定番“ディストーション”を斬る!
■ 現役セッションマンによる現行機種弾き倒し
■ ディストーションの基礎知識 
■ BOSS Distortion Pedals
■ MXR distortion+ 
■ ProCo Rat Family 
■ Marshall Distortion Pedals 
■ VOX Satchurator 
■ 激安エフェクターはどこまで使えるか? 
■ ディストーション活用術 etc.
[特集2]
DigiTech
デジタルの老舗が切り開く未知の音世界
[Pedal Board Profiling]
○オマー・ロドリゲス(The Mars Volta)
○菅波栄純(THE BACK HORN)
[シリーズ:ベテランの矜持] 第1回
鈴木 茂
[Builder’s Voice]
○戸高賢史/Phantom FX
○Katana Sound
○CMATMODS
[新製品紹介]
NEW PRODUCTS REVIEW
[連載]
○Box Of Terror/ザッカリー・ヴェックス(Z.Vex)
○世界のマニアックさんたち、こんにちは
○ギター・サウンド・シミュレート講座 
○初級エフェクター回路読み解き講座
○MADE IN U.K./デヴィッド・アンドリュー・メイン(D*A*M)
————————————————-

初代Blues Breakerのバージョン違い

水曜日, 4月 30th, 2008

初代Blues Breakerには2バージョンあるのはご存知だろうか?
当初GGGやTonepadにある回路図を元に自作していた。それだけだと思っていたらもうひとつバージョンがあって、なんとGGGの回路図にちょこっと書いてあるではないか(*_*)。それを掲示板でusiさんに教わってからすぐにAlternate Versionとして自作してみた。
その後、どちらが初期バージョンなのかを知りたくて探したけど答えを見出せないままだった。しかし最近いろんな方のご協力と海外の回路図を発見したことによりハッキリした。
まず結果から言うと、松美庵がAlternate Versionとして自作した方が初期型だった。その前に作ったのが後期型だったのだ。
根拠としては掲示板にてGM4Tさんのご協力ではっきりした。
まず初期型の外見の特徴としてMade in Englandの書いてあるシールが張ってあること。後期型はMade in Englandの表記が無いことは以前の調査で明らかだった。GM4TさんのBlues BreakerにはMade in Englandの表記があり、初期がただということがわかる。
そちらが写真でもお判りの通り、松美庵がAlternate Versionとして自作したバージョンだったのだ。
もうひとつの根拠は海外での回路図である。こちらの回路図には手書きで「1st」「2nd」と書いてある。
そしてGM4Tさんが提供してくれた内部写真のおかげで、GGGの回路図部品番号が本物の部品番号とは関係なしに割り当てられていることも判明した。
それに関しては時間のある時に回路図を書き直そうかと思っている。その時にでも1stバージョン、2ndバージョンの違いについて語りたいとも思っている。
写真と情報を提供してくれたGM4Tさんとusiさんに感謝いたします。

3兄弟の英国製について

日曜日, 3月 2nd, 2008

Drive Masterのレビュー発表後に英国製とか韓国製に関して、松美庵エフェクターBBSにてhgwさんが訂正していただき詳しく報告してくれた。
以下hgwさんの発言文引用させていただきました。
どうやらこれは間違いのようです。おそらく巷でそのように言われている理由は2つあって、1つ目は「Made in England 」の記述のあるシリアルらしき数字が入った銀色のシールが本体裏の上部に貼ってあるものと、それがなくて電池のフタの所にバーコードのみが印刷されたシール(要するに製造国を明記する記述が無い)が貼ってあるという2種類のバージョンが存在する事。と、2つ目の理由は製造されたロットによって、使われているオペアンプのメーカーが違う事。に起因しているようです。因みにShred MasterはMotorolaのTL072CP と JRCのNJM072BD があるようで(他にもあるのかもしれません)この事が音の個体差を生んでいるようです。インポーターのヤマハに確認したところ、裏のシールに関してはバーコードの物が後期のロットであるという事と、3機種とも全てが英国製との事で、韓国製の物は無いとはっきり言っていました。どうやら上記の2つの理由と、ガバナーに韓国製のリイシューがある為、いつのまにか3兄弟にも「韓国製がある」と言われだしたというのが真相のようです。以上ご報告いたします。

ということらしい。要はショップが何も調べないまま英国製と書いてあるものを英国製と言って高く売る手段だったのですねぇ。一方、何も書いていないバージョンはいい迷惑で、韓国製にされてしまったようです。それがどんどんと広がっていって巷の噂から事実になっちゃったんじゃないでしょうか。
Drive Master Blues Breaker
Shred Master の3兄弟は
全て英国製だということです!

2006.10.14