Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 229

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 231

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 232

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-settings.php on line 249

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/cache.php on line 36

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/guv.re-fx.net/wp-includes/theme.php on line 508
2008 3月 · Marshallエフェクター徹底研究【松美庵】

マーシャルエフェクター Guv'nor,Shred Master,Blues Breaker,Drive Master等Marshall Effectorの名作を徹底レビュー

Archive for 3月, 2008

Marshall The Guv’nor 徹底研究4

木曜日, 3月 20th, 2008

一方英国製だが、やはり回路図との相違は無かった.....
では韓国製と英国製の音の違いはどこにあるのか...
まず抵抗のような小さいコンデンサの大きさが違う。韓国製の方が小さく半分ぐらいの大きさだ。
もうひとつ重要なのは、オペアンプが違う。韓国製はJRCの072を使っているが、英国製はモトローラあるいはポルトガル製のオペアンプを使っている。これはかなりポイントが高い。
ちなみに英国製のモトローラかポルトガルかの法則性は無いみたいだ。左写真がモトローラだが、これは英国製初期型シリアル6000番台、松美庵が手にした中では一番古い番号だ。
一方右写真のポルトガル製はシリアル14000番台のものである。松美庵が手にしたガバナーで唯一のポルトガル製だ。そしてブルー基板の英国製後期はモトローラ製だった。
従って製造時期でオペアンプが違うのではなく、おそらくその時の在庫状況で決まったのではないだろうか?メーカーにとってオペアンプの種類なんてその程度の認識しか持っていない筈である。
話は戻って...
韓国製は基板同士の配線にコネクターを使用している。 これは相当音質の劣化を生んでいるはずである。しかも接触不良を起こしやすい。
またバイパススイッチも基板経由になり、基板パターン→ケーブル→コネクターの順番で繋がっている。
英国製は上記全てケーブルだけの配線だし、スイッチもケーブルで基板から直接配線されている。
上記の点から考えて...例えば韓国製を英国製に近づけたいとすると

オペアンプをモトローラ製に交換..入手困難 せめてTI製か!?
基板同士の配線をコネクタ使わず直接ケーブルで繋ぐ
フットスイッチ部分の基板を廃止し、ケーブルで繋ぐ
小さいコンデンサを大きくしたいが、これは売って無さそうなので保留

オペアンプの入手次第だがいずれやってみたいと思う。

Marshall The Guv’nor 徹底研究3

水曜日, 3月 19th, 2008

韓国製の検証をしよう。
こちらは基板がアイボリーに変わり、パーツレイアウトも多少変更されたが、回路や定数に違いは無い。
しかし、しかしだ!何故か音が違う。
英国製と韓国製の違いを見ていこう。
とりあえず回路図を見ていただきたい、これが一番本物に近い数値だ。Marshall Guv’nor schematic
以前から広く出回っているGGGの回路図はところどころ間違っている。
念入りに調べたところ、韓国製はこの回路図で完璧だった。今回はコンデンサの数値を読み取ったりして完全を目指した。

Marshall The Guv’nor 徹底研究2

月曜日, 3月 17th, 2008

実は同じ英国製ガバナーでも初期と後期、2種類あることを知っている方は少ないと思う。松美庵もたまたま知ったので、何年頃が境なのか、あるいはシリアル番号で何番が境なのかはわからない。
写真で見てもらうと、グリーンの基板が初期でシリアル番号14000番台、ブルーの基板が後期でシリアル番号87000番台だ。ちなみに初期8000番台も入手したことがあるが基板はグリーンだった。更に後期100000番台の英国製も存在し、ブルーの基板だったので、この2種類が存在するだけでほぼ間違えは無いだろう。
基板を見たところでは回路や定数の違いはなく、英国製の初期も後期もほとんど同じ音が出ている。なので初期は古いという価値はあるだろうが音の違いは無いので、このブログでは後期も含めて英国製とひとまとめにさせていただく。